このページをプリントする 前のページへ戻る
  夏季YE生帰国報告
と き:  −
ところ:  −
<報告> L 堀部朋美

YE生のスピーチ 今回、スウェーデンとノルウェーに約一ヶ月の間派遣をさせて頂きました、堀部朋美です。今回の派遣は、私にとってとても特別な経験となりました。
 7月16日の朝、中部国際空港へ集合して、他のヨーロッパの国々へ行く派遣生と共にドイツのフランクフルト空港へ。そこからは各自別々の便で各国へ向かいました。私は、スカンジナビア空港を利用してノルウェーのオスロへ向かいました。その日は地元のライオンズメンバーの方の家に一泊させて頂き、翌日、スウェーデンにある最初のホストファミリーの家に車で向かいました。そこで5日間滞在し、その後7月21日〜8月4日の間、ノルウェーでユースキャンプを行いました。沢山の国から、多くの学生が参加していました。毎日観光やスポーツ(カヌー ペイントボール、射撃、登山、ボブスレー)、ショッピングなど様々なアクティビティがあり、フリータイムにはお互いに他国の文化や言語を教え合ったり、共に遊んだりと、とても有意義で楽しい時間が過ごせました。その後はまたスウェーデンへ行って、二つ目のホストファミリーの家へ行きました。こちらの家が、日本にとても興味を持っていて、子供に日本語で絵本を読んであげたり、日本の動揺を教えたりと、こちらでもとても楽しい時間を過ごしました。最後はまたオスロへバスで戻り、またライオンズクラブの方の家に一泊させて頂き、次の日の朝にオスロ空港からフランクフルトで乗り継ぎをして帰国しました。
 本当に沢山の人と出会い、多くの国に友達もでき、良い経験をさせて貰いました。辛いことも有りましたが、それも良い思い出です。このように素晴らしい経験をさせて頂いて、ライオンズの方々には本当に心から感謝しています。新しく出来た海外の友達とも、これから連絡を取り合っていきたいと思っています。この経験を生かして、将来につなげていきたいです。本当にありがとうございました。


 

 

2003 All Copyrights 名古屋本丸ライオンズクラブ