このページをプリントする 前のページへ戻る
  YE生を受け入れて
と き:  −
ところ:  −
<報告> L 岩月 邦雄

和服姿のアンケさん 私の息子が以前ライオンズクラブでYE生としてオーストラリア、ニュージーランドでお世話になった事があり、いずれはYE生を受け入れなくてはと思っていましたので今回受け入れることになりました。YE生に日本の文化を知ってもらおう、日本での滞在を楽しんでもらおう、そして私たちも楽しもうという心構えでいました。
 見学は徳川美術館・能楽堂・琵琶湖・長浜・伊良湖岬・EXPO・大相撲名古屋場所、食事は日本食・中華・ラーメン・うどん等々。家族全員で接待計画を立てました。YE生はドイツ人のアンケさん、19歳の女の子。我が家へは7月16日から24日までの滞在でした。
 私は海外旅行が趣味で、ヨーロッパは大半の国を訪れています。ヨーロッパの民族もそれぞれの特徴、文化があります。その違いは旅行者でもよくわかります。ただ私はドイツまで行ったことがありません。1人の少女からドイツ国民を推し量る事には無理がありますが、一般的にいわれているドイツ人の典型のような少女でした。聡明で、きちんとしており、時間に性格で質素、そして大変優秀でした。ドイツ人の1人の少女をとおして、日本と日本人を考えさせられたのは大変有意義で楽しい体験でした。
 ライオンズクラブの皆様も是非一度はYE生受け入れの体験をどうぞ。


 

 

2003 All Copyrights 名古屋本丸ライオンズクラブ