このページをプリントする 前のページへ戻る
  薬物乱用防止教育
と き:2005年4月18日(月)
ところ:天神山中学校
<報告> 青少年育成委員長 L 児玉 圭司

話しを聞く生徒達 薬物乱用防止教育講座が天神山中学校で4月18日に行われ、全校生徒377人、教職員27人、当クラブ員14名が参加しました。新入生を迎える年度の初めに反社会的なことに対する指導が大切と開いたものです。始めに同校の瀧本教頭から「薬物乱用の危険性、防止の具体的な心構えについてしっかりと学んでください」と挨拶があり、続いて第一副会長L岡崎の挨拶、薬物帽子ビデオを放映し、L高橋(義)より薬物が体や脳に悪影響を及ぼすことを説明する生徒たちは、真剣に聞き入っていました。
 この後、西警察の生活安全化少年係の前田警部補が実際に目のあたりにした例を挙げられて、「自分には関係ないと思っていても、これから環境が変わった時に、自分がどうしたら良いかよく考えてください」と問題を提起し、最後に生徒会長が「薬物の怖さがよく分かりました。犯罪に巻き込まれないように気をつけます」とお礼の言葉を述べ閉会しました。


 

 

2003 All Copyrights 名古屋本丸ライオンズクラブ